PHOTO VIEW
STATUS VIEW
HOME > Search > ようこそ神宮の遺跡に?

ようこそ神宮の遺跡に?

  • 2019-05-27 UP

ROOM TYPE

部屋 賃料 管理費 面積
107 ¥453,600 ¥0 59.50m²

DATA

住所 東京都渋谷区神宮前5
アクセス 銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道」駅 徒歩8分
千代田線「明治神宮前」駅 徒歩7分
敷金・保証金 2ヶ月
償却
礼金 1ヶ月
更新料・再契約料 新賃料の1ヶ月分
契約内容 普通賃貸借2年
用途 オフィス・SOHO
構造・規模 RC造 地下2F地上3F建
築年数 1992年6月
設備 キッチン、シャワー、トイレ、洗面、電気温水器、エアコン
保険その他 火災保険加入義務有り 保証会社加入必須
備考 ※1F床の一部は、元々吹き抜けだった部分を増築した床となります。こちらは契約表記面積(59.50㎡)には加算しておりません。

STYLE

  • アーバンライクな働き方を満喫する
  • 空間を満喫した働き方を愉しむ
  • 自然を身近に感じながら働く
  • のんびり働く
  • とことん働く

INFORMATION

仲介会社 株式会社CityLights Tokyo
担当者 諏訪部 荒井
所在地 東京都渋谷区神宮前5-29-9#802
免許番号 東京都知事(1)第96691号
取引態様 媒介
>>LOCATION
表参道、青山通り、キャットストリートなど、ファッショナブルな通りに周囲を囲まれる神宮前5丁目エリア。このエリアの魅力は、そんな賑やかな通りから少し奥に入るだけで、人通りもまばらで、猫がそこらへんでゴロゴロしているような、とても穏やかな環境へと移り替わるところだろう。そんな神宮前5丁目の、ちょうどおヘソにあたる場所。どの駅からも10分ほどは掛かってしまうような奥の奥に、この個性みなぎる建物があるのをご存知だろうか。

>>SPACE
まるでヨーロッパの遺跡を模したような独特すぎるデザイン。1992年築なので、よくあるバブル時代の産物という感じだが、決してダサさはなく、むしろいい感じに歳を重ねて雰囲気もよくでている建物だ。今回はそんな建物のB1-1Fで構成されるお部屋をご紹介する。入り口のある1Fの空間は、モルタル床やコンクリート天井の、ちょっとクールな仕上がり。天井高も高めで、ガラスブロックなどのちょい足しなどもあり、部屋の扉を開けた瞬間、思わず「おっ。」と言葉が漏れたのが正直な反応だった。その空間から回り階段を下ったB1部分。こちらはフローリングで仕上げられており、どちらかと言うと住宅のような温かみも感じられる空間。小さなドライエリアもついており、そこから注ぐ光も柔らかな印象だ。B1と言っても、高めの天井高や窓面も大きいため、閉鎖感は感じない。あえて地下と言われなければ、それほど意識もしないような居心地のいい空間と言えるだろう。

>>WORKSTYLE
奥まった立地のため、あまり出入りも多くないような、クリエイティブ系のオフィスを中心にオススメしたい。1Fはオープンなラウンジスペース、B1は事務スペースなど、上下をうまく使い分けしやすそうだ。室内空間が良いというのは前提ながら、建物全体の雰囲気もまたいい。ちょうど晴れた日に訪れたところ、多くの部屋が玄関扉を開けっぱなしにしていて、誰でもすぐ入ってこられるWelcomeな状態。そんな関係性がとても印象良く、この環境で働けば、きっと働くことがもう少し楽しく感じられ、結果としてそれがいい仕事へもつながるだろう。天気のいい日には仲間と大きな階段に腰掛けて、たわいもない話で盛り上がるなど、室内だけではなく、建物全体を使った有意義な時間を楽しんでみてはどうだろうか。

EDITOR'S EYE

1点、注意点がある。1Fの床は元々半分が吹き抜けとなっていたようで、それを塞ぎ、床が増築されている。そのため、フロア面積は表記のものより実際には広いが、遵法性を満たした工事ではない可能性が高いため、あらかじめそこをご理解いただいてご利用いただきたい。元々はレジデンスタイプの建物なので、現在でもシャワールームや洗濯機置き場があったりなど、例え住まないとしても、いざという時にはなにかと使えそうだ。