これでいい。これがいい。
オフィスづくりではつい手を加えすぎてしまうものだが、スペインのバルセロナに誕生した設計事務所のオフィスは、とにかくシンプル。
自分好みの光を求めて
白い外観に小判形の窓が散りばめられたこちらのオフィス。ミニマムな1棟ビルの中には、光をキーワードとした多様な空間が広がっていた。
曲面のポテンシャル。
アーチが織り重なる白い天井。オフィスらしからぬ優雅な印象だが、使い方次第ではオフィスのイメージをガラリと変えるキラーコンテンツに!?
緑を纏った秘密基地?
インテリアに緑を取り入れるのは洒落たオフィス空間の常識になりつつあるが、こちらのオフィスは何やら様子がおかしい。。。
“調和”ってこういうことか。
そう思わせてくれるのが、スペイン・マドリードにある、倉庫をリノベーションしたこちらのオフィス。
歴史に敬意を表して
100年前の建物のリノベーション。ついつい守りに入ってしまいそうだが、、、。
ワークスペースの面構え
オフィスを見れば、その会社のクリエイティビティが一目瞭然?
この裏切りモノ!
入口の形やギミック、素材の扱い方からして、ただモノではない雰囲気が感じられるこちらのオフィス。その扉の向こうには、何かと期待を裏切る素敵な空間が広がっていた。
そのとき、スヌーピーは何を思う
相棒、パートナー、よき理解者。ひとことも言葉を話さないのに、その存在だけで十分私たちの役に立ってくれる存在。それがペットである。
ゴジラがいるのに落ち着いた職場?
レジェンダリー・エンターテイメントのオフィスはL.A.にある。フロントでは巨大ゴジラがお出迎え!
オフィスで晩餐会?
スペインのマドリードに誕生した気品漂うこちらのオフィス。写真からもお察しのとおり、なんとリノベーション前は宮殿だったという。
線引きの美学
扉ってそもそも必要?ブルガリアの建築家が手がけた空間には、いわゆる“普通”のオフィスと一線を画するアイデアが散らばっていた。
その多様性や良し。
世界的なハンドメイドマーケットを展開する「Etsy(エッツィ)」。そのブルックリンの本社オフィスは手づくりの魅力を伝える企業らしい空間だ。
適Light適所
せっかくお洒落な内装に仕上げても、色気のない蛍光灯じゃもったいない。空間には、その空間にふさわしい照明がきっとある。
既成概念に風穴を。
「これまでの考えにとらわれるな。」クリエイティブの分野でよく耳にするこの言葉を体現したようなユニークな空間(?)が中国で生まれた。
旅するように働くオフィス
これぞ究極のフリーアドレス?アイルランドの首都ダブリンに誕生したairbnbのオフィスは、大学のキャンパスのような自由度の高い空間だ。
ツイッター×有機庭園!
天井から木が生えているように見えるこの職場。サンフランシスコにあるツイッターの本社オフィスである。
フェイスブックのArtists-in-Residence
アーモリー・ショー(Armory Show)を始めとする大小様々なアートフェアが年中開催される国、アメリカ。ストリートアートも盛んなこの国にとって、芸術はとても身近な存在だ。
ホッとするスポット
オランダのデザイナー、ヨープ・ファン・リースハウトが1990年代の終わり頃にデザインした、個人用ワークスペース『AVL スカル』がこちら。
納車されるオフィス?
キャンピング系のトレーラーをコンパクトなオフィスに改造したものはよく見かけるけど、今回ご紹介するトレーラーはこれまでとはちょっと違う?
インテリア界のマルチプレイヤー
壁や天井など、最近では内装材として使われることも多い構造用合板OSB。その秘めたるポテンシャルを存分に引き出したオフィスがイギリスに生まれた。
自由自在にディスプレイ!
外から見るとワークシーンが展示されているかのようなこのオフィス。一見よくあるスタイリッシュなオフィスだが、何やら室内の壁には無数の穴が。
主体的に、くつろぐ
何かに行き詰って気分転換したいときは、部屋の場所を変えてくつろぐというのも一つの手だ。しかしサンフランシスコにあるDropboxの本社オフィスでは、ちょっとくつろぎ方が変わっている。よくある海外オフィスのように、単にテラスやバーを設けるといった発想とは少し違うのだ。
オフィスにコケ壁
ビジネスチャットで知られるSlackのバンクーバーオフィスがこちら。Leckie Studioがデザインしたこの空間は、一見すれば、煉瓦や木の温もりあるオフィスだが、実はとてもすっきりしていて、システマティックでもある。
奇想“天蓋”!
天井だけ見るとお洒落なサーカスでも始まりそうなこちらの空間は、工業用建築を大規模にコンバージョンして生まれたというオランダのオフィス。
あえてそのまま!
オランダのロッテルダムに、躯体むき出しのハードな丸柱を上手く使った、元銀行というリノベオフィスがある。
7平米の空間の可能性
ベルリンの市街地に現れた1台のキャラバン。なんと、ここはコワーキングスペースとして使われているらしい。
NYの造船工場がTechオフィスに変身
意外な場所が仕事場になることがある。NYはブルックリンにある「New Lab」は、アメリカ海軍の造船所を活用して造ったワークスペースだ。
築100年工場跡に造ったGoogleCampus
スペインのマドリードにあるGoogle Campusは、1892年に建てられたバッテリー工場跡に造ったコミュニティハブ&コワーキングオフィスだ。
攻め続けろ!
サイン付きユニフォームがあったり、バスケットゴールがあったり…上海に拠点を置くスポーツ&トラベルメディアエージェンシーMailmanの新オフィスは、自分が“プレイヤー”であることを意識させてくれるオフィスだ。