PHOTO VIEW
STATUS VIEW
HOME > Search > 見過ごせぬ色気放つ

見過ごせぬ色気放つ

  • 2015-09-30 UP

ROOM TYPE

部屋 賃料 管理費 面積
3F ご成約済み - 117.85m²

DATA

住所 東京都港区南麻布
アクセス 日比谷線「広尾」駅徒歩4分
敷金・保証金 6ヶ月
償却 賃料の1ヶ月分
礼金
更新料・再契約料 新賃料の1ヶ月分
契約内容 普通賃貸借2年
用途 オフィス、店舗
構造・規模 RC造6F建
築年数 1976年9月
設備 エアコン、トイレ、キッチン
保険その他 火災保険加入義務有り
備考 飲食店不可

STYLE

  • アーバンライクな働き方を満喫する
  • 空間を満喫した働き方を愉しむ
  • 自然を身近に感じながら働く
  • 景色・眺望を愉しみながら働く
  • 個性ある働き方にこだわる
  • のんびり働く
  • ステータス感を愉しみながら働く

INFORMATION

仲介会社 株式会社CityLights Tokyo
担当者 諏訪部 荒井
所在地 東京都渋谷区神宮前5-29-9#802
免許番号 東京都知事(1)第96691号
取引態様 媒介
広尾駅を降り、外苑西通りを西麻布交差点方面へしばし歩を進めると見えてくる建物。築年数は新しめだが、どことなく古き良きモダニズム建築を思わせるその風貌は、個性を周囲に放ちつつも、落ち着きのある大人の男といった印象の建物だ。かつては多くの若者で賑わい、今では大人の街という印象の麻布エリア。この建物もまた、そんな時代や様々な経験を経てこのような深い面持ちを得たのだろう。今回はそんな建物の中に、外観にも負けない色気のある空間が眠っていたのでご紹介する。

正面の重厚な黒い扉を抜け、エレベーターで上がった3階部分。ショーウインドウのような大きなガラス扉から覗く先には、建物の経年の香ばしさを活かしつつも、程よくデザイン性高めに仕上げられた空間が広がっていた。天井や壁は定番の白塗りスケルトンで無骨に仕上げ、床は無垢材で温かみを持たせながらもどこかレトロな風合いに。青めのグレーに塗装されたエントランス回りやパキッとした黒い造作壁、シナベニアで柔らかな印象に整えられた水回りの扉など、色や素材で空間のメリハリを与えている。東南西に十分な開口面を持つが、隣接する建物の為に南面はあまり期待出来ないので、メインは東西窓から抜ける風景と言えるだろう。西面は外苑西通りを見下ろす明るめの開口。街路樹の明るい緑や、人々が行き交う何気ない街の風景を楽しめる。日当たりは1番なので、長テーブルを置き、打ち合わせやブレストなどはここで行うと色々うまく進みそうだ。一方建物バックヤードを向く東面。正直採光はあまり期待出来ないが、外に広がる大きな樹木と木漏れ日、向かいに建つ洋風な建物がなかなか良い雰囲気を作り出している。個人的にはこっちの風景の方が好きかもしれない。この緑を眺めながら、柔らかめの照明の下でコツコツ仕事するのも悪くなさそうだ。デザインだけではなく、機能面でもなかなかポイントは抑えている。トイレは女性も嬉しい2箇所付き。収納も不自由無い程のボリュームは確保。キッチン本体はミニマムだが、スペースは広めに確保されているので、棚や食器などこだわりの物で揃えれば、見えないところもセンスを光らせる事が出来る。決して派手な物件とは言えないが、空間としては十分整っている。実はこれまで親しい仲で引き継がれて来たようで、世に募集が出るのは久々というこの区画。それぞれのテナントが愛着を持って使われ、引き継がれてきた為に、これまでの愛情が空間に深い色気を与えているように感じる。せっかくのこのチャンス、見過ごすわけにはいかない物件だ。

EDITOR'S EYE

エントランス回りは大きなガラス面でショーウインドウのようにも使える。通常の事務所使用はもちろんだが、この開口を活かした使い方など、なにかとイメージは広がりそうな物件だ。建物のデザインとその中に潜むこの空間。気になったらまずは見てみると良い。